【全日本化学機器展】株式会社池田理化様

無意識のうちにトンネルの先に目がいくということがあり、これをトンネル効果と言います。

この作用をブースデザインに取り入れ、来場者を心理的に誘導することに成功したデザインです。

AIDMAの法則

Attention=注意・・・ブース遠方からでも視認性の高いデザインとすることで注意を向ける。

Interest=興味・・・ 通路からでも気軽に見ることができるパネル展示によって興味を湧いてもらう。

Desire=欲求・・・スタッフがブース内に誘導し、より魅力的な商品案内を行うことで欲求がうまれる。

Memory=記憶・・・機器の設置を行い、実際に体験してもらうことで記憶に残す。

Action=行動・・・商談スペースへと誘導し、購買もしくは後日のアポイントを取り、行動してもらう。

また外部と内部にパネルを分断させることで、来場者の興味度合いをスタッフが判断しやすくし、

より角度の高い商談へとつなげるための工夫も施しています。

 

 

【DIY HOMECENTER SHOW】オルファ株式会社様

カッターのシェア国内50%を誇るブースデザインを手がけさせていただきました。

折る刃としても有名ですが、切れ味も素晴らしいことから、鋭い印象を与えるブースデザインとしました。

知名度は随一・多くの方が親しんでいるオルファのカッターですので、

オープンなブースとし、誰もが気楽に立ち寄れる動線設計としています。

ブース全体は黒一色のシンプルにすることで、コーポレートカラーの黄色を商品であるカッターのみとし、

自然と訴求したい商品に視線が流れるようにしています。

 

 

【インターネプコン】KFE JAPAN株式会社様

  

お客様からの要望は「しっかりとした商談スペースを設けたい」

「まだ認知度が低いため、なるべく多くの来場者に認知してもらいたい」

と言う要望をコンパクトなブースの中に実現させるために、動線の角度によって、

オープンにもなり、クローズにもなるブース設計としました。

また通路側にまず認知をしてもらうための訴求を行い、そこからブースへ誘導し、

商談までするための営業の仕組み作りも行いました。